扉の向こう

昨日の3時に開いた扉は 夕陽の中では閉じていた 山の雪が溶けるには 力が少し満ちてない 前しか知らないあの時が 今の僕を笑ってる 一生懸命走っても 何故か後ろを振り返る 大人になった心には 夢も希望も消えかける 雨が泥を流す時 風が汚れを飛ばす時 鳥が空に羽ばたいた あの日の僕と重なった

続きを読む

青い太陽

向こうに誰かが立っていて 僕の姿を奪ってる 全ての駆け引き切り裂いて 前進しながら走りだす それでも影は走らずに その場で動かず待っている いつから時が狂ったか 脳裏をかすめる陽の光 何にも思い出せなくて 水の上で横になる 少し流れたそのあとで 何かを思い出すように 黒い枝がねむってる そこから全てが始まって ここから全てを終わらせた いつでも後悔ばかりだが 僕はいつしか抜け出した 青い石が輝いた

続きを読む

夜の叫び

氷が溶けだす季節には 重さに負ける時がある 今朝の空の白さには 力がまだまだついてない 膜の中で過ごしてた 過去には戻ることはない それでも僕は膝まづき 月を照らす太陽に 涙を流してだまってた 心の声が届いたら 体の羽根を振り落とし 夜の闇へと消えていく どんなに大きく叫んでも ここから先は聞こえない

続きを読む

最近の記事